FANDOM


【実況】第2回素数大富豪大会 04は、インターネット上に投稿されている素数大富豪のプレー。このプレーの特徴として、4枚出しが多く使われたことがあげられる。

棋譜 編集

最初にシンキングタイムを1分とり、各手番は1分であった。

一試合目

A:みうら
B:おのりん
(素数判定員:キグロ)

A初期:226889JJQKK
B初期:不明

B:D 2^6=64
A:QK
B:D Pass r
A:8629
B:9TTJ P(4) [1]
A:8KJJ
B:JJQK P(4) [2]
A:2 #

二試合目

(プレイヤーは一試合目と同じである)

A初期:12456799TJK
B初期:不明

B:47
A:59
B:QK
A:D;D=2 Pass r
B:3^2=9
A:J
B:D X
A:D;D=9 Pass r [3]
B:D 7A
A:D;D=8 TK
B:D Pass r
A:D;D=3 8629[4]
B:J64J # [5]

関連項目編集

第1回 【実況】第1回素数大富豪大会 01 · 【実況】第1回素数大富豪大会 02 · 【実況】第1回素数大富豪大会 03 · 【実況】第1回素数大富豪大会 04 · 【実況】第1回素数大富豪大会 05 · 【実況】第1回素数大富豪大会 06 · 【実況】第1回素数大富豪大会 07 · 【実況】第1回素数大富豪大会 08 · 【実況】第1回素数大富豪大会 09 · 【実況】第1回素数大富豪大会 10 · 【実況】第1回素数大富豪大会 11
第2回 【実況】第2回素数大富豪大会 01 · 【実況】第2回素数大富豪大会 02 · 【実況】第2回素数大富豪大会 03 · 【実況】第2回素数大富豪大会 04 · 【実況】第2回素数大富豪大会 05 · 【実況】第2回素数大富豪大会 06



脚注編集

  1. 31の倍数であることだけが公開された。
  2. 67*383*433であることが公開された。
  3. ルール上はこのターンは存在しないが、両プレイヤーがルールを誤解していたためこのタイミングでのドローが認められた。
  4. ここでおのりん氏の手札が46JJであることが公開された。
  5. 素数判定がされた瞬間に歓声があがった。